資産によるあれこれを業者がアドバイスする

有利な投資方法

公務員に就いている傍ら、不動産投資を行なう人が増えてきています。なぜなら、公務員は一般の人が持っていない、公務員ならではの不動産投資におけるメリットを持っているからです。

詳細を確認する

商品先物の歴史

商品先物の在り方は、時代によって大きく形を変えてきました。投機としての性質を高めており、現在株やFXといった様々な金融商品と組み合わせて利用されています。もちろん一般人でも手軽に取り扱うことができます。

詳細を確認する

国債を買おう

投資ができる商品にはいろいろなものがありますが、その中でも利子率が安定しており、初心者にも最適な商品が国債です。一万円から購入することができ、金融機関が定めた期間内でなければ途中換金も可能です。

詳細を確認する

特徴とメリット

デリバティブ商品の中に、オプションと呼ばれる商品があります。オプションは大きく2つのタイプに分かれます。1つは買う権利であるコールオプション、そしてもう1つが売る権利であるプットオプションです。

詳細を確認する

不動産投資に最適

国債購入はこちらから:日本フィナンシャルセキュリティーズ

公務員は不動産投資に向いている

不動産投資といえば、以前は昔からの地主さんが自分の土地にアパートを建て、賃借人募集から賃料管理、清掃まで管理の全てを行っていました。地主さんが、自ら専業で「大家さん」業を行っていたのです。ところが、2000年代に入り専業のアセットマネジメント会社(AM会社)やプロパティマネジメント会社(PM会社)が相次いで設立され、サラリーマンや公務員による不動産投資が容易に行える環境が整いました。また、ロバート・キヨサキ氏による著作「金持ち父さん・貧乏父さん」の影響も不動産投資に拍車をかけるきっかけとなった側面もあるでしょう。結論からいえば、サラリーマンよりも公務員による不動産投資のほうが向いている(リスクが少ない)のではないかと考えています。

安易な物件購入は絶対だめ

不動産投資は、あくまでも賃借人が存在してはじめて賃料収入を生み出す資産となるのであり、万一、空室等が発生して賃料収入よりも借入金の返済額のほうが多い場合には、むしろマイナスの資産となり得るのです。その点、公務員の給料は安定的であることから、もしも賃料収入より借入金の返済額のほうが多くなってしまった場合でも、給料で補填できる金額が定量化しやすいといえます。したがって、公務員による不動産投資はおススメなのですが、当然「きちんと不動産投資について勉強してから」投資を開始するようにしましょう。リスクを定量化できるからといって、物件販売業者に勧められた物件を安易に購入するようなことをしては絶対いけません。

新しいボードゲーム

たくさんの種類があるボードゲームですが、最近人気を博しているのがキャッシュフローゲームです。ボードゲーム版として販売されていますが、ネット上でも楽しむことができます。

詳細を確認する